入会案内

入会金 5,000円(無料キャンペーン中!)

月会費 5,000円

小学5年生以上中学3年生以下および女子は月会費2,000円

スポーツ保険料1,850円/年+システム利用料140円


入会時に翌月分の月会費一か月分をお支払いください(入会金および初月会費無料キャンペーン中❗️)。スポーツ保険料+システム利用料につきましては、練習参加の前日までに、ご自身にてコンビニでの決済をいただきます。


見学は随時OKです。

無料体験レッスンはお問い合わせフォームよりお申込み下さい。無料体験レッスンは事故対策のため、必ずスポーツ保険にご加入頂いた上でのご参加となります。レッスン料は無料ですが、スポーツ保険料1,850円/年+システム利用料140円を参加の前日までにご自身にてコンビニでの決済を完了していただきます。コンビニ決済番号につきましては、こちらからメールにて事前にご連絡いたします。


その他のお問い合わせは以下のEメールアドレスにて承ります。

silent.jiujitsu@gmail.com



出稽古の場合、サイレント柔術はフリー(どの道場・団体にも所属していない)の方はお断りしており、友好団体からのみ受け付けています。

各所属道場・団体の代表の許可を取って頂いた後、サイレント柔術へ連絡を頂いてから許可判断致します。


本会代表:綿引竹春 (紹介ページ 外部リンク)➡https://www.teamblockheads.com/takeharu-watabiki


ご入会にあたっては以下の会則を必ずご一読、ご承諾いただいた上でのご入会となります。

(印刷する場合はこちらからダウンロードして下さい)

サイレント柔術&墨田サンボクラブ 会則
(名称)
第1条 この会は、サイレント柔術&墨田サンボクラブ(以下「本会」という。)と称する。

また、各活動部門を独立した団体とみなす場合の名称は別に定める。

(目的)

第2条 本会は、格闘技に関する活動(練習、試合、及びそれを通じた親睦活動)を行うことにより会員相互の技術向上と親睦をはかるとともに、社会へ格闘技の普及・発展に貢献することを目的とする。

(活動部門)

第3条 本会は、前条の目的を達成するために次の活動を実施する。また第1条で定めた名称と別に、各活動部門を独立した団体とみなす場合の名称もあわせて定める。

  【活動部門/みなし団体名称】

(1) ブラジリアン柔術/サイレント柔術

(2) サンボ/墨田サンボクラブ

(3) キックボクシング/キックボクシングサークルすみだ

(4) その他、目的の達成に必要な活動

2 原則、1回の活動につき会員の参加が2名以上の場合に限り活動するものとする。

(役員)

第4条 本会に次の役員を置く。

(1)代表 1人

(2)事務局 1人以上

(選任)

第5条 役員は代表の判断により会員の中から選任する。

(職務)

第6条 代表は、本会を代表し、会務を統括する。

2 事務局は代表を補佐し、事務のとりまとめ及び各活動における技術指導を担当する。なお事務局が当人の担当する技術指導以外の活動に参加する場合に限り、他の会員と同様の取り扱いとし技術指導の職務を免れる。ただしその場合、活動における技術指導担当役員の指示のもとで一時的に技術指導を補助、もしくは代行する際はその限りではない。

(会員)

第7条 本会の会員は、本会の目的に賛同する小学5年生以上で、本人もしくは保護者(未成年の場合)が本会則を承諾し、役員が入会を認めた者をもって組織する。

(入会)

第8条 会員の入会については、入会希望者が活動目的に賛同し、別に定める強制退会事項に予め抵触せず、また今後それに抵触する見込みがないと役員が判断した者に限り、入会を認める。また、入会にあたっては入会金5,000円を支払うものとする。

(非会員の活動への参加)

第9条 役員が特段の事情を認めた場合に限り、第4条に定める会員以外の者(以下、「非会員」という。)に一時的な活動の参加を許可する場合がある。参加にあたっては、以下の要件を全て満たす場合に限るものとする。

(1)本会以外の武道・格闘技などの競技団体に所属している場合、所属先責任者へ本会活動への参加についての事前の許可を得る事。

(2)あくまでも一時的な参加とし、高頻度および数カ月程度にわたる継続的な参加を認めない。ただし特段の事情を役員が認めた場合はこの限りではない。

(3)別に定める会費の支払い。

(4)別に定める強制退会事項に予め抵触せず、また今後それに抵触する見込みがないと役員が判断した者。ただし、活動参加中に抵触すると判断された場合、即時に活動から退出し以降の参加を一切認めない。

(5)別に定める保険への加入。

(会費)

第10条 会員は、以下に定める会費を当月6日までに代表宛に現金で納入しなければならない。

(1)5,000円/月

(2)女性および小学5年生以上中学3年以下…2,000円/月

2 会員の都合により予め会費の納入が期日に間に合わないと判断される場合、当該会員から代表宛に速やかに通知し、納入方法と期日について双方誠意をもって検討する。ただし本会又は代表の都合により、期日までの会費の納入が現実的に困難となる場合はこの限りではない。

3 本会の都合により本会の活動が一時的に休止となった場合、会費については実情に応じて減額する場合がある。

4 第3条(3)に定めるキックボクシング/キックボクシングサークルすみだの活動に限定し参加する会員については、会費について以下の通り定め、活動参加時に活動部門担当の役員宛に納入するものとする。

 (1)初回から3回目迄の参加…500円/回

 (2)4回目以降の参加…5,000円/11回を前払いとし、退会時においての払い戻しは行わない。有効期限を納入時より6ヶ月とするが、本会の都合による一時的な活動休止があった場合および、別に定める休会が認められた場合は、その期間を有効期限の期間から除いて算する。

5 第9条に定める非会員の活動への参加にあたっては参加時に1,500円/回を支払うものとする。ただし別に定める技術指導員を兼ねる場合は、技術指導料と上記会費を相殺することも可とする。また入会を前提にした体験参加等の事情がある場合は、役員の判断により上記会費の支払いを特別に免除する場合がある。ならびに本会の活動を行うにあたり本会が会場として借用しているアウルスポーツジムに所属する会員が、本会の活動へ参加する場合に限り役員の判断により上記会費を特別に減額する場合がある。

(技術指導員)

第11条 役員の判断または指示により、会員もしくは第9条に定める非会員に、一時的または部分的に技術指導の職務を委任する場合がある。委任された者(以下、「技術指導員」という。)は委任された期間に限り、技術指導の職務を行う。委任に伴い役員と技術指導員の事前の協議において、本会から技術指導員への技術指導料の支払いを定める場合がある。その場合、技術指導料の金額と実情に応じ技術指導を受けた会員もしくは非会員は、第10条に定める会費とは別に技術指導料を支払う場合がある。

(休会)

第12条 会員は、休会の旨を役員宛に書面または電磁的方法により提出し、役員が協議の上その理由・事情等を総合的に判断して認めた場合に限り、休会を認める。

2 休会中は会費の納入義務を免れる。

3 6カ月以上連続して休会することはできない。ただし休会期間中に、本会の都合による一時的な活動休止があった場合、その期間は休会期間から除いて算する。

4 会費の未納がある場合には、会費の納入が行われるまで休会を認めない。

(退会)

第13条 会員は、退会の旨を役員宛に書面または電磁的方法により提出し、任意に退会することができる。また、会員本人が死亡した場合も退会とみなす。ただし会費の未納がある場合には、退会時に精算するものとする。

2 会員の故意・過失を問わず次の各号のいずれかに該当すると役員が判断したときは、当該会員の在籍期間に関わらず強制退会とし、一切の再入会を認めない。

(1)役員の許可を得ないままでの本会会員としての大会や試合への参加、ソーシャルメディアへの出演。

(2)役員へ一切の連絡無く会費を4ヵ月以上納入しないとき。

(3)役員並びに技術指導員の指示に従わず勝手な行動をとる。

(4)役員並びに技術指導員、他の会員への了承を得ない写真/動画等のSNS投稿を行う。

(5)施設の利用規約を守らない。

(6)役員並びに技術指導員、他の会員への迷惑行為やマナー違反、活動におけるコミュニケーションを超えた過度な接触。

(7)役員並びに技術指導員、他の会員へのセクハラをはじめとするハラスメント行為、またはそれに類する行為。過度な練習の強要など。

(8)不衛生な服装での参加。他の会員が不快と感じる程度の臭気。

(9)反社会的勢力関係者の参加及び招待。

(10)商品販売、ネットワークビジネス等への勧誘行為。

(11)宗教またはそれに類似した団体への勧誘、及びその活動目的での参加。

(12)活動の内外を問わず公序良俗に反すると本会が判断する発言や行為、それらを誘導する発言や行為。

(13)会員本人の健康状態等の事情を役員が総合的に考慮・判断した上で、本活動の目的を達成することが困難であると判断した場合。

(14)本会及び本会関係者の名誉を棄損すると判断される発言や行為、それらを誘導する発言や行為。

(保険)

第14条 活動の参加にあたり、会員は(公財)スポーツ安全協会が加入の取りまとめ機関・契約者となるスポーツ安全保険(以下「保険」という。)への加入を義務とし、保険未加入での活動への参加は認めない。加入にあたっては本会が上記機関の登録団体となり、会員は登録団体上の団体員として加入するものとする。会員の加入、および更新の手続きは役員が行う。ただし入会の時期によって、上記機関以外への保険加入を認める場合がある。

2 更新手続きは会員から役員へ更新の旨の連絡、および保険料の授受をもって役員が手続きを行う。連絡不備等による会員の過失により保険の更新手続きがなされず、活動への参加が認められない場合でも会費の支払い義務は継続して発生する。

3 第9条に定める非会員の参加においても保険の加入を義務とするが、実情に応じ上記機関以外への保険加入を認める場合がある。

(会則の改定)

第15条 本会則の改定は役員の協議をもって行い、改定があった場合にはその内容を会員へ速やかに通知するものとする。

(損害の負担)

第16条 活動おける怪我や事故若しくはそれを原因とする後遺症・死亡等の損害については、当該損害が本会関係者による故意⼜は重過失による場合を除き、本人の負担とする。

2 本人の過失により利用施設の設備、⽤具、備品を破損した場合は、当該破損した本人が実費にて全額弁償するものとする。

附則

1 この会則は、令和3年4月1日から施行し、変更がない場合は以降も同様とする。

2 この会則の一部を下記の通り改正し、令和3年4月23日から施行する。

 第9条および第11条の新規制定に伴い、各条番号を繰り下げ。第10条5項および第14条3項を新規制定。